So-net無料ブログ作成

2月アンバス一章ふつう行ってきた(`,,・ω・,,´) [Ambuscade(*'-')]

今月は2017年9月からの再来、キキルン一家です。
ボス・Bozzetto Pilferer+共通子分が、やさしい1、ふつう3、むず4、とてむず5となります。
全員シフぽくって絶対回避を何回も、そして種々の「ぬすむ」を使います。特に「HPを盗む」は、最大HPの半分を盗むので、2体同時にこれを使われると、ナだろうが剣だろうが即死します。なので、今回もふつう以上では、盾が他を抱えている間に各個撃破、という戦法が通用しません∩( ・ω・)∩
てなわけで今回のvup、サボトゥールが魔命及び効果アップ・効果時間アップに変更された赤魔にお呼びがwお披露目w
構成は、前衛4・赤/黒(学)・白。
※今回も「支援を盗む」をされると、Levelアップ+全快なので、風吟コさんはお休みw

流れとしては非常に単純で、範囲外から赤のスリプガ(or範囲化スリプル)で戦闘開始。前衛陣ボスから撃破。以下、ターゲッターのオートアタックが飛んだ子分から順次(寝てるので他前衛はasコマンドでターゲッターに追随)。赤白は支援回復弱体と、猫だましのテラー(視線合うとテラー、外すとヘイトリセット)を受けないよう後ろ向き。

注意点① ボスが1分毎?に自分の前にBozetto Mineという爆弾を置くので、置いたらボス殴り中のアタッカでTP十分な人がタゲを移して(※WSのサブターゲットをstnpcに)WSで潰す。15秒後?に爆発して、ダメージ+子分を巻き込んで、子分が起きます。爆発範囲は広いので置かれたら速やかに潰すこと。ここが肝ですな。
また、置いた瞬間にヘイトリセットとなるので、前衛はボスに挑発などを。

注意点② ボスには他のSPもありますが、厄介なのは子分もする絶対回避。時間がかかるようになるし、睡眠にも耐性がついてくるので長引くのは避けたいところ。
(モクシャ装備やオースピスを控えて、与TPを多くし、SPアビよりTP技を先に使うのでは?という推理に基づき実践してみる手もありますが、個人的には否定派です。爆弾を潰さないと、子分が起きてグダグダになりがちですが、爆弾潰しの障害となるのがTP技であろう猫だましのテラーと、TPを盗むでTPを0にされてしまうこと。絶対回避でスカスカになるよりヤバい気がします。カイボッシュとかも痛いし…。モクシャに越したことはありません。〔追記〕ボスのマイティにカイボッシュが乗って即死しました、σ(゜∀゜樽戦w
〔追記の追記〕某氏によると、SP技よりTP技の方が優先、というのがFF XIの基本仕様だとのこと。でもなあ、確かに絶対回避はうざいけど、テラーで爆弾処理止まるわ、謎カイボッシュ(ふつうでもときたま3,000前後くらう)で前衛即死(当然削り力が激減)とか、どっちもどっちって気が。たぶん某氏の戦いでは、DDズ無茶苦茶強くてTP技が気にならないほど速攻で沈めてるのだと思われ∩( ・ω・)∩ ※うち樽戦、攻は素で1,500台

「アビリティを盗む」を使用すると、SPを使うorSP復活なので、出来るだけアビは使用済みにしておくといいかもしれません。使用済み中のアビリティは盗まれない?要検証
〔追記〕 用語辞典によると、アビリティをひとつ使用済み状態にされるとのこと。となると、使用済み状態なら盗まれない可能性大。絶対回避されてしまってヒマな間にいらないアビ消費など実践すると、確かに「アビリティを盗む」後、何もしてこない頻度が増えた気がします。ログでは盗む対象者の名前が出るだけで成功とか失敗とか分からないんですよね…。

注意点③ 支援なしでの戦いとなるので、以下のWS等による追加効果が重要。
戦士→アーマーブレイク(TP3000で5分継続、防御-25%)
侍→十一之太刀・鳳蝶(TP追加効果発動確率修正、3分、防御-25%)
上記ジョブがいなければ、竜のアンゴン(必中だが効果最大90秒、防御-20%)、青のテネブラルクラッシュ(3分、防御-20%)など。尚、戦士でもフルブレイクは器用貧乏なだけなのでお勧めしません。

結構重要補足 せっかく赤がいるのでイナンデーション(効果5分)を。異なる武器種で連携すると連携ダメージが1.2倍×1.2倍×…と伸びていくので、なるべく色々な武器持ちを集めた方が吉な感じ。

だいじはアサルト少尉以上でイルルシ環礁・鱆号作戦を推奨。出たところから南→東で3匹います。※前回も書きましたが、「鱆」は訓読みで「たこ」なので、単漢字変換の充実しているFEPなら出ると思いますw

コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。