So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1月アンバス一章むず行ってきた('д') [Ambuscade(*'-')]

実は「むず」には挑戦して負けていたのです。何せあとから湧く赤暗の子分がうざくて対処できずで……(´・ω・`) しかし、湧かせずにやる方法が!∑(゜∀゜) てことで行ってきました。
途中まではふつうからコピペです。
編成は、ナσ(゜∀゜・侍青白風吟。今回の方法では、盾・前2・白をキープすれば支援は比較的融通が利くかと。サポ白がひとりはいるといいかもしれません。

入ると敵ボス・Bozzetto High Vicar(白)が一匹。からまれ釣ると子分・Bozzetto Berserker(戦)
とBozzetto Devout(ナ)がPOPします。子分のヘイトは0から始まってるぽいので、湧くとスタート方面に向かいます。ノックバックもあるので戦闘はスタートで。というわけで手順。

① ナがHV、B、Dのタゲをとったら、前衛陣Dから削り開始。
② およそ半分削るとインビン(スタン可能という情報あり)してくるので、放置してB(削れすぎてタゲをとりやすいので、前衛はカウンターに注意)に移行し、倒す。
③ Dに戻り、倒す。
④ HVへの攻撃開始。亀甲羅の上に光る甲羅をさらに背負ってる(このときちょー被ダメージカット状態)のが、子分を倒したことによりそれが消えるので、女神の祝福発動まで半分一気に削る(註1)。
(註1)ここの削りが遅いと、BとDがまたPOPするので、その場合①~③の繰り返し。また、削り具合によっては後述黒のPOPとB・Dのリポップが重なって子分3匹状態になることがありますが、その場合でも、①から。

⑤ 祝福発動すると、Bozzetto Elementalist(黒)がPOP。
⑥ Eに少なくとも泉発動前にはサイレス(註2)をいれ、Eの削り開始。前衛はEをそのまま正面奥の柱ぐらいまで連れて行き(最初から中央に湧くのでそこからもっと奥へ引っ張る)、そこで倒しますが、倒れる前の時点で、Eと共に残り全員盾から思いっきり距離(スタート~奥の柱ぐらい)をとっておくこと(もし、Eのタゲが盾にくいついている場合は、前衛一人はやむを得ずスタートに残りで。あるいは柔らかいので残り全員避難して、盾がEを倒してもいいかも)。注意点としてはE削り中はボスHVの削りは中止。Eがいる状態で再度祝福をさせるまで削ると、赤暗子分がPOPすると思われます。
(註2)サイレスを入れると、黒とは言え通常攻撃をしてきますが、これに追加毒(-100HP/3s)があります。E削りの人にはサイレス中はポイゾナを。盾がE倒しをしている場合はリジェネ程度で放置でw
〔超注意点〕ボスHVのタゲが前衛にある場合、その前衛はスタートに居残り。ボスは絶対にスタートから動かさないこと。

⑦ Eを倒すと、1回限りでボスHVが「グ・ダの哀しみ」という広範囲技を使ってきます(発動前に引き寄せしますが、上記の距離をとっていれば回避できます)。ダメージ+呪い+悪疫+MP0化です。呪いは聖水で対処できますが、この直後に後述のボスの範囲WSが来ることがあるので、白は絶対にこれをくらわないで、盾(または盾+前衛)を速やかに回復。その後ウィルナ。
※追記※これにもヘイトリセットがあると思われます(少なくともダメージ等によるヘイトの減少)。ボスHVが哀しみくらわなかった前衛向かってまっしぐらになるので(ナの挑発程度では戻ってきません)、哀しみ発動終わったら、すべての前衛はスタート地点に即戻ること。さらに前衛の少なくとも一人はヘイトリセットを受けずに退避しておくことです。でないと、当然ながらボスHVが後衛に向かってすっ飛んでいくはず。

⑧ ナはイージス持ち替え&フィールティ(※前半は白も不慣れなので石化(後述)をレジったほうが吉)。ここからボスHVのWSはトーメント・オブ・グ・ダだけに固定されます。ダメージはかなり大きいです。追加効果は石化+ヘイトリセット魔法範囲よりは狭いので、白は絶対に巻き込まれないこと
ボスは確実にリゲイン持ちなので、相当の頻度でこの技を使ってきます。ここで、白がどれだけ迅速にストナ→ケアルガを飛ばせるかが勝利の道標
で、黒子分を残す方法では魔法詠唱中に削っていましたが、この方法では、トーメント・オブ・グ・ダの構え~発動直後、までの間に削り、倒します(※ダメージボーナスがあるようです。うちのてきとーWS装備&ディフェンダー㊥でも60,000とか出ます)。

初勝利なのでかなりグダグダ10分以上もかかってしまいましたが、赤暗子分はPOPせず。負けたときに、リレで起きて観察したところ、ナ戦のリポップを確認。恐らく、ナ戦→黒→黒生きてると赤暗で、ナ戦→黒→黒死んでるとまたナ戦→黒?というサイクルだと思われます(´д`)

・ボスと子分いる間はガランフの対処もいりますが、この前の方法ほどシビアにする必要はなし。
・なわけで、後半はバストンラとバブレクラが吉ですが(魔法ダメージ確定)、無理してかけ直しはしない。
・とてもやってきました。まだ恐らくですが、Eのタゲは湧いたときにボスのタゲある人に向く?なので、祝福来そうな頃合いで前衛がボスのタゲをとっていて、EのPOP後にボスHVのタゲを盾が取り返すと、Eを奥まで連れて瞬殺できるのでいい感じです(哀しみくらうのが確実に盾だけで済むし、何より盾削りより速い。盾がボスHVのところでEやると、ボスHVからケアル飛んでくるし)。
190112.jpg
〔↑距離の取り方は<st>を使ったアレですw〕
コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。